スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル 犬や猫が冬期に・・・

以前、雑誌「現代画報」では「動物」に関する記事が紹介されていたように記憶しています。
獣医の話も特集されていたように思います。

先日、ある新聞に犬や猫に関する記事が載っていました。
犬や猫が冬にかかる疾患は「冷え」に起因するものが多いことが、ペット向け保険会社の調査で
分かったのだそうです。平成16年4月~20年3月末までの4年間に同社に給付金請求があった189万
5102件のデータを分析したのだそうです。内訳は、犬は68万3954匹、猫が6万7631匹です。

データによると12~2月の冬期に多くなる犬の疾患は「関節炎」や「椎間板ヘルニア」などの筋骨各
系疾患で1万8444件だそうです。同時期に増える猫の疾患は「膀胱炎」や「腎・膀胱結石」などの
泌尿器系疾患で5866件でした。6~8月の夏期に比べて、犬は1863件、猫は1133件増えているとの事
です。

同社は「犬は体が冷えると血行が悪くなり痛みが感じやすくなるため、歩くのを嫌がるなどして疾患
が発見されるのではないか。猫は寒いとあまり水を飲まなくなったり、寒い場所に排尿しなくなった
りするので、泌尿器の疾患が増えると考えられる」と分析しています。

「犬は寒くても平気」と思われている人が多いかもしれません。私が子供の頃に飼っていた犬は、
年中外で飼っていました。父が「犬は寒さに強いから」と言っていたのを覚えています。が、やはり
人間が「寒い」と思うのと同じで犬や猫も冬は「寒い」と感じているのでしょう。言葉が話せない
だけに、飼い主にも伝わりにくいのだと思います。
ペットも家族の一員です。自分の子供や身内の体調の異変を感じられるように、ペットの体調の異変
にも気付いてあげなければならないのです。縁があって家に来たペットなのですから・・・。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
現代画報
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

関節炎

始めまして。
手指の関節炎を患って治療中です。人間でも動物でも関節痛は生活に支障がありますね。
フリーエリア
プロフィール

manabu7

Author:manabu7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。