スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 周りの教育

現代画報9月号に「増え続けるアスベルガー症候群」という記事が載っていて気になっています。息子の友達にアスベルガーかもしれない?という子がいるからです。でも、その子のお母さんから特に何か言われたこともないし、息子が通う小学校に特別学級がありますが、そこにも入っていません。他のクラスにも、授業中歩き回わる、団体行動が取れない、先生やクラスメイトの話を聞くことができないなど、外見上は分からないけれど問題行動を起こす子どもが普通学級に通っているということが結構あります。でも、先生もそういう子達の保護者も一切何も言いません。最初は「おかしい」と思ったけれど、みんなが何も無かったかのように振舞うと、「そう感じている自分がおかしい?」と考えてしまうから、人間不思議なものです。それでも、親しい母親同士では「あの子ちょっと・・」なんて話は出てきて。あまりにも気になるので、ボランティアで特別学級のお手伝いをしているママ友に話を聞くと、学校側から「あなたのお子さんは特別学級に入った方が良いのでは?」という指導は一切しないそうです。家庭の判断に任せるってことなんでしょうか・・。担任の先生が明らか・・紡弍・・臺僂砲覆襪海箸・・・辰討い董・里・・・・親としては自分の子どもの障害を明らかにするのは辛いことかもしれません。でも学校側から話を持ち掛けないのはどうかと思います。周りの教育をするしかないってことなのか。。



現代画報社
国際通信社
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

manabu7

Author:manabu7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。