スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談取材 変遷

ムシムシしますねー。
ワールドカップを日本で開催した時は、この蒸し暑さに他国の選手、関係者が怒ってい
ましたっけ。
日本の夏・・・です。

そろそろ、風情豊かな、よしずやら、朝顔やら、風鈴、金魚、扇風機・・・・
風物詩がお目見えする頃ですね。
今は洋風なお宅も多く、よしず代わりにグリーンカーテンだったり、扇風機の代わりに
エアコンだったりしますが、ある時期、古臭く、ダサいといわれていたような、日本の
風習が、時代が変われば、レトロと呼ばれ、昭和モダン扱いされ、なんだかなー、と思
ったりしますが。
まあ、何事もそうですよね・・。

田舎の夏の朝は霧が出たりして、かなり肌寒い。
でもその湿った空気には、草花樹木の生命力が伝わっているかのように、清々しさを感
じます。
まだ、始まったばかりの一日を思いっきり堪能できるひと時。

小学生の頃はお決まりのラヂオ体操に出かけ、帰って朝食を食べると途端に眠気がやっ
てきます。
あの、ご飯の後の気だるい時間・・・ひんやりした畳に寝そべっていると、セミが鳴き
だし、
夏の庭が大忙しになる頃、本人はすやすや夢の中・・・
ああ、なんて長閑で幸せなひと時・・・

もっともこれは、子供だったから許されたこと。のんびりを楽しみながらも、そうとば
かりもいられず。
当時は高度成長期、田舎の長閑な我が家も、不便さを取り除くことが優先順位だった気
がします。
ちょうど、大人たちが、戦争を潜り抜け、混乱期を生き抜き、やっと手に入れた明るい
ニュース。
明るい時代の始まりだったのでしょう。なんだか大忙しの日々だったような気がしてい
ます。

でも、時代が移り変わり、また田舎は置いていかれてしまいました。
長閑、より空虚を感じたりします。
幾年月、変わらぬ良さと、変わってしまった空しさを抱えて。




現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン
国際ジャーナルの詐欺に関する記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

manabu7

Author:manabu7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。