スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 畜産農家の苦痛

食肉の世界が大変なことになっています。

宮崎県で感染が確認された口蹄疫。毎日感染を報道するニュースが流れています


宮崎産の牛肉は質が良く、宮崎産の牛を種牛として育てている地域が多いため、
畜産農家は毎日不安な思いにさらされています。

消毒や殺処分が相次いでいますが、その中でもエース級の種牛は何とか処分を免
れる措置を検討されていたのが、先日ついに殺処分されるに至りました。

エース級の種牛を育てるには、交配を重ねたり、優秀かどうかを見極めたりする
ため、最低7年はかかるそうです。

畜産農家の打撃ははかりしれません。たとえ最後は殺すためとはいえ、手塩にか
けて一生懸命育ててきた牛。人間がながらえさせてもらうために犠牲になってく
れる命。経済的な損失はもとより、農家の人々はどれだけ心に深い傷を負ってい
ることでしょうか。

口蹄疫は牛の他、ひづめが偶数に分かれている豚などにも感染します。

ニュースでも、すでに鼻の周りなどに水泡のできた豚が、必死にえさを食べ、子
豚にお乳をやろうとする姿が流れていました。

殺処分するため引き離そうとするのですが、せめて一緒に殺してやってくれ頭い
う飼い主の悲痛な叫び声が耳に残っています。

2010年3月号の現代画報に食品の安全管理の要という記事がありましたが、今回も
口蹄疫に関しても、政府の対応の遅さが指摘されているようです。




続 国際通信社のブログ旅
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

manabu7

Author:manabu7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。