スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 日本の経済にとって内需が意味するところとは?

このところ大手の百貨店などが撤退するというニュースが増えてきています。こ
れは日本における小売業界の変革を意味するものなのでしょうか。国際ジャーナ
ルでも、日本の小売に関する情報をどんどんだしてもらうたいところです。最近
の傾向として、「内需中心の経済成長」の重要性が、マスコミでも強調されるよ
うになってきています。これはなぜなんでしょうか?これには複数の背景が想像
できると思います。まず、日本経済がサブプライム危機によって、想像以上に大
きな打撃を受けたことではないでしょうか。特に、日本の輸出産業は大きなダ
メージを受けています。それがきっかけとなって、輸出よりも内需を中心とする
考え方がでてきたのかもしれません。ユニクロなんかは、この流れに一番合って
いる企業ともいえるでしょう。また、生活環境重視という流れが、一般生活者の
間に生まれています。日本国民の生活水準を高めるには、内需を増やすことが、
今まで以上に重要となるのかもしれません。しかしながら、内需中心の成長が重
要だからといって輸出を抑え込む必要はないのかもしれません。経済の運営につ
いては、内需と輸出のバランスをうまくとった展開が、これからは望まれるで
しょうか。





報道通信社の取材
ハッピージャーナル | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報 国際通信社の国際ジャーナル 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポン - 報道ニッポンのブログ旅 - Yahoo!ブログ 現代画報のグラビア雑誌 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナル文芸批評 掲載企業された国際通信社の国際ジャーナル 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報社から掲載企業の申し込み ついに出ました! - 国際ジャーナルを見つけて 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

manabu7

Author:manabu7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。