スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 相次いでいるライター火災

使用後のライターをポケットに入れたら残り火で発火するなど、不注意によるライターの
火災事故が5年間に83件発生していることが4月13日、経済産業省所管の独立行政法人の
調べで分かったのだそうです。

ライターを使った子供の火遊びによる火災は全国で相次いでいて、経済産業省ではライター
の安全規制について5月中にも結論をとりまとめたい考えだということです。

独立行政法人によると、ライターによる火災事故は2004年4月から2009年3月までに132件発生
しているということです。死亡事故が1件、重傷事故が9件のほかに、車が全焼する事故も3件
起きました。製品の欠陥による発火も26件あったということです。

このうち、不適切な取り扱いが原因の火災は83件あったといいます。目立つのは使用後にすぐ
ライターをポケットにしまい、残り火で発火したケースで38件あったそうです。また、車の床
に落ちたライターの着荷ボタンが伝道シートを動かした際に押されたり、引き出しの中で開閉
の際にボタンが押されたりするなど、意図しない発火が16件、ガス漏れや炎の高さ調節などを
誤ってやけどをするケースが29件に上っているということです。

ライターは、喫煙する人は必ず持っている物だと思います。よっぽど自分の使い方が悪くなく、
普通に使用していれば問題ない・・・と思っている人が多いのではないかと思います。もちろ
ん私もそのうちの一人なのですが、まさか残り火で発火するとは思ってもいませんでした。
ライターは便利なものだと思いますが、安易に使用するというのは、実は恐ろしいものなので
すね。


movies.weblog.tc
経済情報誌 報道ニッポン 2008年8月号のご案内 | 報道通信社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社の国際ジャーナル 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナル 国際ジャーナルの掲載企業 Yahoo!ブログ - 報道国際通信社の掲載企業 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンと掲載企業 リラックスしないクマ - 続 国際通信社のブログ旅 ... 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルの求人 wiki 報道ニッポンとの出会い:報道ニッポン|夏休みの生活
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

manabu7

Author:manabu7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。