スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊ザヒューマン 小学校の敷地内に不審な男

6月20日の午前7時過ぎに愛知県一宮市平和にある小学校の敷地内で、包丁を左手
に持って自転車に乗った不審な男を登校してきた女性教諭が見つけたのだそうです。
この女性教諭の知らせを受けた校長と男性教諭3人が校内に備えてあったさすまたを
使って男を取り押さえたそうです。そして警察が男を連行したそうです。
時間的にも登校前だったために校内に児童はいなかったということで安心しました。
なんと恐ろしいことでしょうか。また、先生方も日頃の訓練の成果でしょうか。
男を取り押さえることができてよかったと思います。
何を思って不審な行動を取ったのかは分かりませんが、子供たちに大変なことが
あっては遅いのです。学校全体で、また地域全体で子供たちを守らなければ
ならないと思います。みなさんはどう思われるでしょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

国際ジャーナルはビジネス誌 韓国産、日本向け輸出が好調

韓国政府機関である大韓貿易投資振興公社が、東日本大震災以降、

日本に韓国産のミネラルウォーターやカップラーメンなどの輸出が

好調だと発表しました。



ミネラルウォーターは前年同期比10倍、カップラーメンは通常に

比べ2.5倍に急増。



店頭では韓国産のミネラルウォーターを見かけますが、買っている

人は一度も見かけたことありません。

どちらかというと、売れ残っているという感じです。



たしかに震災以降一時は、輸入などという話も浮上しましたが、

現時点ではもうミネラルウォーターの輸入は必要ないと思います。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナルのニュース 裁判員裁判で初の死刑判決

以前、国際通信社から発行されている雑誌に「裁判員裁判」に関する記事が載っていた
記憶があります。この制度が導入された当初は、かなりテレビや新聞でも大きく
取り上げられていたように思います。
男性2人を殺害して遺体を切断、遺棄したとして、強盗殺人など9つの罪に問われて
横浜地裁の裁判員裁判で死刑判決を受け控訴していた無職の男性被告が控訴を取り下げ
ていたことが6月17日に分かったのだそうです。
裁判員裁判で初めて、死刑判決が確定したということになるのです。
裁判員に選ばれた人たちはどのような気持ちで判決を聞いていたのでしょうか。
複雑な気持ちだったでしょうか。もし、自分が裁判員に選ばれたとしたら冷静に考える
ことができるかどうか、今でも不安です。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナル 月刊誌 区域外就学

新聞に載っていた記事なのですが、東京電力福島第一原発の事故に伴って、
原発から約60キロ離れた福島市や福島県郡山市で、子供を県外へ避難させるという
動きが続いているのだそうです。
福島市の教育委員会によると、住民票を残したままで市外に転校する「区域外就学」
をした小中学生は4月から5月27日までに216人いるそうです。
このうち206人は海外2人を含む県外に転校だということでした。
将来ある子供の体に、何か問題が起きてしまっては大変だという親の気持ち、痛い
ほど分かります。私も親という立場で生活をしていますので、もし自分が同じ状況
になったら、子供を守る考え方をすると思います。
今、テレビや新聞を見ていると情報が二転三転してしまっていて、何がなんだか
分からなくなっています。国民が理解できるような説明がほしいと思っています。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社 コマンドマガジン 警察官が大量採用中

実は警察官になりたい人って、そんなにいないんですね~。というのも、警察官募集を呼びかけるポスターが年々、ユニークなものになって、どうやら若者の目にとまろうと、あの手この手で試行錯誤しているようだとのことですから。なんでも三重県警のポスターはAKB48から「MKB68」、4月に大卒警察官68人を募集したそうですし、大阪府警はごめんですんだら警察いらんわ!!」、滋賀県警は「ドラマのような仕事ではないですが、ドラマチックな仕事です。」といったキャッチコピーだそう。なんでも警察は、団塊世代の人たちが退職するため、新人の大量採用が急務なのだとか。警察官、なってみますか?

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報
報道ニッポン

国際ジャーナル ゲーム 自殺者急増

今年5月の全国の自殺者が3329人で、昨年5月の2782人に比べて547人
増えていたことが警察庁の調べで分かったのだそうです。これは新聞に載っていました。
昨年12月から今年の3月までは4か月連続で前年を下回った減少傾向にあったようで
すが、内閣府の話によると「東日本大震災による生活環境や経済状況の変化が影響して
いる可能性がある」と話しています。震災だけが原因ではないこともあると思います。
が、自らの命を絶つというのは非常に残念です。しかもそれが増えているとなると
ますます悲しい状況ではないでしょうか。
理由は様々かもしれませんが、自分の命は大切にしてほしいですね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナルのまとめ 節電要請に不満

新聞に載っていた記事なのですが、関西電力の「一律15パーセントの節電」という
要請に関して、一部の事業者に配慮すると発表したことについて、大阪府知事は出張先
で報道陣の取材に応じていました。「何も考えていないことを露呈した」と批判しま
した。大阪府知事はこれまで「要請には協力しない」と表明していたのですが、
取材を受けた日も「誰が判断して決定したのか不可思議だ」と改めて不満を述べた
のです。
確かにどこから「15パーセント」という数字が決まったのか分かりません。そして
テレビからの報道によると、「病院や電車には節電要請を受けることが難しい」という
意見が飛んだと思えば「それらは除外する」という回答があったりしたそうです。
一体、何がなんだか分からなくなってきているのが、今の日本かもしれませんね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル・現代画報を確認 金魚とめだか

東日本大震災で無人になっている福島県の小学校。この小学校で、児童が飼っていた
金魚やめだかが生きているのを陸上自衛隊が見つけたのだそうです。退院が駐屯地で
飼育を続けているのだそうです。
周辺地区は津波で崩壊してしまいました。そしてこの小学校も1階が波にのまれて
しまったのです。隊員は5月29日に小学校近くで行方不明者の捜索をしていたところ、
2回の廊下で水槽をみつけたそうです。
水はひどくにごっていたということなのですが、金魚やめだかたちは元気に生きていた
そうです。このような話を聞くだけでも嬉しくなりますね。
まだまだ大変な状況が続いているのは確かです。1日も早い復興を心から願っています。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

ブラックホークとは?国際通信社 菅首相、これまで以上に全力とは…

菅直人首相は、東日本大震災と福島第1原発事故に関する集中審議の席で、

大震災の復旧や復興、そして原発事故収束が最優先なので、これからの作業には、

今まで以上、全力で取り組むと述べました。



では、今までの対応について、ご自身でどう思っているのでしょうか?

また、何をどうやって全力で取り組むのかがわかりません。



当初から全力で取り組むのが当然ですよ、震災復興は・・・

では、必ず復興に全力をあげ、スピードをあげ対応をお願いします。






「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
現代画報社

ブラックホークとは?国際通信社 評判の能力を見習って?

AKB48の総選挙、盛り上がっていましたねー。
少しも詳しくない私でさえ、結果を知っているのだから、
本当に国民的アイドルとなったんですね。毎日誰かしらをテレビで見かけますし。
ある番組で5年間の足跡、のようなものを簡単に紹介していましたが、やっぱり劇場
で歌っていた頃に比べると、顔つきも違うし、オタクの為の素人っぽいアイドル、で
はなくなっていますもんね。
いまや、かなりの輝き度を持つ超アイドル、のようです。
それにしても、古くはおニャンコ、今度はAKBと、秋元康という人は仕掛けるのが本
当に上手。
プロデュース力、を政治家にも見習って欲しいものです?!


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
報道ニッポン

ザヒューマンで読む最新記事 電気予想がはじまりましたが・・・

テレビなどで「電気予報」がはじまりました。

その放送をしているテレビ局が、率先して節電するべきではないでしょうか?

見えないところ、例えば廊下などで節電をしていると、ワイドショーの司会者

が言ってましたが、どう考えても、各局、同じような内容のワイドショーや

ニュースを流しているのもおかしな気がします。



また夕方に再放送、再々放送されるドラマ、あれはなんでしょうか?

これほど電力の無駄使いをしているところ、ないのではないでしょうか・・・




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン

フェイスブックで国際ジャーナル 北朝鮮が短距離ミサイルを発射してた

北朝鮮ですが先週、黄海沿岸で短距離弾道ミサイルの発射実験を

おこなっていたそうです。



発射したのは地対空ミサイルと推定され、2009年10月日本海側

に5発KN―02地対地ミサイルを発射して以来となります。



ミサイルの発射実験をおこなうぐらい軍事費があるのであれば、

それに費やすお金を国民に分けてあげれば、多くの人が飢餓から

救えるのではないでしょうか。



軍事費は多額に支出するのにお金がないと、各国に支援要請とは

話がおかしい気がします。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン
現代画報社

ブラックホール・月刊・国際通信社 福島原発原子炉運転に支障ないと保安院

経済産業省原子力安全保安院と電力事業者3社は、敦賀市役所での

市議会に対し、原発の緊急安全対策評価を示したうえで、原子炉の

運転継続や運転再開について安全上の支障はないと述べたそうです。



しかし原発の高経年化についての質問については、高経年化の影響

についてのデータがないという原子力安全保安院。



データがないと、安全な部類に入ってしまうのでしょうか?

原子力安全保安院は、本当に原子力の専門家なのでしょうか・・・

発言がデータ上だけのもののような気がしています。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社のネットのインタビュー 夏の高校野球

テレビや新聞でも大きく取り上げられていたのが、川上ジュリアさんという女子高生
です。北海道出身の現役女子高生だそうでシンガーなんだそうです。
この川上ジュリアさんがテレビ朝日系の今夏の高校野球応援ソングに抜てきされたと
いうことです。テレビの高校野球のコマーシャルでも彼女が出演して、高校球児たちに
エールを送っています。いよいよ夏の高校野球の季節がやってきました。
今年は、今までとは違った思いで出場に向け頑張っている学校が多いのではないで
しょうか。多くの人が応援する高校野球。
今年の高校野球はどのような物語が作られるのでしょうか。楽しみですね。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
報道通信社

ビジネスの月刊誌国際ジャーナル 通常の約1000倍のセシウム、海底土から検出

福島県いわき市沖合の海底土9か所から、放射性セシウム134・137が

検出されました。

一番高い数値では、四倉沖1.7キロで1キロ当たり9271ベクレルで、

これは、福島第1原発事故以前、別の場所で調査した海底土の濃度と比べると

約1000倍だそうです。



今回の計測の発表は福島県沖だけですが、海には境はありません。

近隣の海底土からも同様に検出されるのでしょうか。



もし隠ぺいすると、風評被害が更に深刻になります。

とはいえ、発表しても同様でしょうけど・・・




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌・国際ジャーナル 小学校高学年で免疫効果消失?

私の主人が何年か前に咳が止まらず、病院へ行ったのですが、風邪対応の咳止めを処方しても
らっても、なかなか落ち着かずに苦しい思いをしていました。今、思えばあれが「百日ぜき」
だったのかなと2人で話しています。幼い子供を持つ母親は、決められた期間に予防接種を受け
に走り回るものです。私も、子供を連れて走り回りました。小学校高学年といえども、まだ
まだ病気をしやすい時期です。できれば、早めの見直しをしていただきたいですね。子供が
つらい思いをしないように・・・。




ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道通信社

月刊誌・国際ジャーナル 義捐金配布は早急にお願いします

報道ニッポン2011年6月号で、「義援金で救える命」という

・ 記事を目にしました。

・ いまだ満足に支払われない、多くの義捐金。



例えば家が全壊、半壊などで日払い金額が違うなどとった、

配布に関してとても細かな金額設定をしたのが原因と言われて

います。



最初に大まかに配布し、後調整出来なかったのでしょうか・・・

確か阪神大震災の時は、そのようにしていたはず。



気持ちで寄付していただいた義捐金を早く配布できないと、

生活苦から多くの犯罪が生まれるかもしれません。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

月刊誌・国際ジャーナル 自然エネルギーの比率を高める方策とは?

菅総理大臣はサミットで日本のエネルギー政策について方針を発表しています。
これは、西暦2020年代の、できるだけ早い時期に電力量に占める太 陽光発
電などの割合を20%に引き上げるという内容になっています。この基本方針を
これからどうやって実現するかが焦点になりそうです。この目標 は意欲的な目
標だが、決して不可能ではないと発言しています。ヨーロッパでは、20%近い
自然エネルギーの比率を実現している国もあるので、日本 としてもチャレンジ
するべきでしょう。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル 浜岡以外の原発、運転再開?!

原発問題に揺れる日本ですが、菅直人首相が5月31日に、都内で開かれた全国知事会議の席で、中部電力浜岡原発の停止要請については、東海地震の危険性が高い特別な場所という扱いで、運転停止をお願いしたとし、定期点検などで停止中の原発については安全性が確認されているもの、今後確認されるものについては、稼働して電力供給にあたってもらうという基本的な態度で臨みたいと、運転再開になりそうなコメントをされていますよ~!ひい~、怖い!

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル 駆け引きだけの政治は不要

最近の国会ですが、与野党とも不信任案の駆け引きが先行している感がありま
す。結果として復興に対する論議の場が台無しになってしまったと思いま す。
谷垣氏は原発建設を推進してきた政策を検証・反省してほしいところです。被災
地の復興に対して自民党の構想を提起して、政府に実行を求めて欲 しいと思い
ます。それが長年政権を担ってきた自民党の役割かもしれません。そのような前
向きな野党としての提言が今、日本では求められていると思 います。





国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン

ザ・ヒューマンの経済誌 若い女性の噛む力

新聞に載っていた記事ですが、横浜市にある大学の教授と子牛が、女子学生124人の
歯型を調べた結果、若い女性の噛む力が弱くなっていて親知らずの退化が進んでいる
ことが分かったのだそうです。教授は「乳児期にもっと固い食べ物を噛む習慣が必要」
としてきているようです。若い女性は、噛む力が年々弱くなってきていると新聞に
書かれていました。歯の退化を防ぐのは、人類史的な重要課題だとも書かれていました。
現代はソフトな商品が人気を集めていますが、乳児期にしっかり噛む習慣が大切だそう
です。噛む習慣が自分の将来の歯の力を決めるのですね。自分が乳児期のときにどう
だったかという記憶は全くないのですが、この新聞記事を読んで自分の子供たちには
しっかり噛む習慣をつけさせなければ・・・と考えを改めました。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報

ザ・ヒューマンの経済誌 国際的な原発への動向

東京電力福島第一原子力発電所の事故調査について、国際原子力機関の調査団が
来日していますが、実際に福島第一原発を視察して、吉田所長から事故 の経緯
や対応について説明を受けたほか、施設の被害状況などを確認しています。この
視察によって、今後の原発に対する国際的な取組の方向性が見え てくるかもし
れません。IAEAの調査団は、イギリスやフランス、韓国など12か国の専門
家18人で構成されており、特にフランスの動向は気にな るところです。




日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社

ビジネスと国際ジャーナル 放射能の影が、夏にも

地震の影響が、夏場も響きそうですよ。地震の影響というより、放射能漏れの影響ですが。。。なんと福島の学校には、空間の放射線量などから例年通り授業を実施してかまわないと通知されちゃったそうですが、学校の校長先生たちは中止かどうか悩んでいるのだとか。希望しない生徒には無理強いしなければいいのかしら。。。けれど、怖いですよね~!海も放射能の汚染が怖くて、海開きが微妙らしいです。福島から離れている愛知の常滑市にある大野海水浴場では、放射能検査を実施したそうですし、神奈川では5月から、県内27の海水浴場周辺で、海水の放射能濃度を測定しているそうですが、やっぱり今年の夏は海は怖いのが本音かも?!

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン
現代画報社

現代画報・国際ジャーナル・取材 ちびで首!スタバ、訴えられる。

なんだかスタバが事件ですよ~!内容は、スターバックスが、業務の安全確保を理由に身長が低かった従業員を解雇していたことが分かり、これをアメリカの雇用機会均等委員会(EEOC)が聞きつけて、5月16日にスターバックスを提訴したんだとか。この店員さんは、2009年の7月に採用されたものの、研修中に身長が足りず、業務には椅子か脚立を使用して行うと行ったらしいのですが、顧客や他の従業員に危害を与えかねないと却下して辞めさせたのだとか。うーん、正当な理由に聞こえちゃうけれど、ここは訴訟の国アメリカ。どうなるのでしょうか~!

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 嵐、東京ドームでイベント開催予定

日本で人気爆発のアイドルグループ、「嵐」。今回その嵐が、6月に東京ドームで東京ドームで東日本大震災のチャリティーイベントを行うことを発表したそうです。なんでも内容としては、嵐がのメンバーが先生となって、会場のファン4万5000人と一緒に「今後の日本がよりよくなるもの」を授業スタイルで考えていくというイベントだそう。ちょっと変わっているけれど、面白そうですよね~、嵐ファンの方は待ち遠しいのではないでしょうか?
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

ザヒューマンで読むビジネスチャンス 国際的な議論となっている電力政策

原子力発電の今後については、日本だけの問題ではなく、国際的にも議論が進ん
でいます。ドイツなどでは、新しい原発の建設を凍結するという動きも でてい
ますが、日本は今度どうすればいいのか、これから国民的な議論が必要となって
くるでしょう。中国やアメリカなど、電力を多く消費している国 にとって、原
子力発電は不可欠かもしれませんが、その安全へのコストを考えると、やはりな
んらかの見直しは進んでいくのかもしれません。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社
報道ニッポン
フリーエリア
プロフィール

manabu7

Author:manabu7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。