スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌 報道通信社 現代画報 ガガがセレブ番付1位に

日本ではあまり知られていませんが、アメリカの雑誌「フォーブス誌」のセレブ番付といえば、過去にはトム・クルーズやアンジェリーナ・ジョリーが1位になった2006年と2009年以外は、断トツでオプラ・ウィンフリーが2005年から1位を独占してきたようなものなんだとか。ところが、今年はガガに1位になったのだそうですよ~!ちなみにセレブ番付は年収だけで決めるのではないそうで、影響力など力を重視しているようですね。オプラも「ガガ」に抜かれたって、もうどうだっていいのではないでしょうか。

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

国際ジャーナル 報道ニッポン AKB48が被災地でミニライブ

幅広い年齢層の人から注目を集めているのがAKB48だと思うのですが、
そのAKB48が5月22日、東日本大震災の被災地である岩手県大槌町で
ミニライブと握手会を開いたそうです。多くの避難住民が元気づけられたのでは
ないでしょうか。
会場周辺の避難所から集まった住民は約300人だったそうです。
そして、歌やトークで多くの人を励ましたそうです。
AKB48の被災地訪問は、今回が初めてだそうです。震災が発生してから、多くの
芸能人が訪問して被災されたみなさんを勇気付けている様子がテレビでも放送されて
いましたが、AKB48は初めてだというのは意外だと思いました。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社 国際ジャーナルとは 政府の避難政策への報道について

福島県の中で、飯舘村は、東京電力福島第一原子力発電所の事故で、全域が計画
的避難区域に設定されています。そのため、およそ6500人の住民が 今月下
旬までに避難するよう求められています。今後の対応が注目されます。村内の会
社などから事業を続けたいという声が相次いでいるそうです。そ れによって政
府と村が、どのような条件が必要か検討を進めていましたが、事業の継続につい
ては、ある程度のめどがたったようです。今後も政府の対 応に注目です。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 木村多江さんが衝突事故に

新聞で知ったのですが、女優の木村多江さんが東京都内でタクシーに乗っていた
ところ、衝突事故に遭ったそうです。この事故で首に軽いけがを負ったということ
が5月19日に警察の取材で分かったそうなのです。
事故が起きた現場は信号のない交差点で、警察は双方の安全確認が不十分で
出会い頭に衝突したとみているようです。
命に別状がなくて安心しましたが、事故がおこらないよう、車や自転車を頻繁に
利用するという人は、細かな注意まで必要になってくるのではないでしょうか。
「自転車だから」という考えでは、必ず事故が起こります。
事故が起きてからでは遅いのです。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル

節電対策 国際通信社 ひったくり急増中

東日本大震災直後から、東京都内では空き巣が減少しているのだそうですが、なんとひったくり事件が急増中なのだとか。なんでも節電などで街頭が消え、暗いのをよいことに犯行に及んじゃうそう。ってことは、レイプも増えていそうですけれどねえ、どうなんでしょう。節電している場所は、やっぱり薄暗いですものねえ~。みなさんも節電中の路地などでは、ひったくりに十分気をつけてくださいね。防犯ブザーなんかを持ち歩いていると、いざというときに案外役に立つかもしれませんよ。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナルのビジネスパーソン 震災に便乗した詐欺事件

テレビでも放送されていたのですが、東日本大震災に便乗して市役所職員や実在の
団体を装うなどし、電話や訪問等によって義援金名目で現金等を求める詐欺事件が
発生しているそうです。また、震災に絡んで電気やガス設備の点検・修理名目で
現金を求めるものであったり、被災地にいる身内を装った電話で現金を求める
「オレオレ詐欺」も発生しているそうです。
非常に憤りを感じます。多くの人が今回の震災で大変な思いをしています。
また、被災地の復興に協力できればと、多くの人が何かをしようとしています。
そんな気持ちを使って人をだますというのは許されないことです。
とにかく相手をよく確認して、詐欺被害に遭わないように十分に気をつけなければ
なりませんね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊国際ジャーナルの取材で 農業体験公園が閉園

大阪府吹田市にある万博記念公園内の農業体験公園が5月15日で閉園することに
なったそうです。5月14日にファイナルイベントが始まったのだそうです。
東日本大震災の被災者を支援するチャリティーライブやラーメンフェスタなど多彩な
催しがあり、多くの人でにぎわったそうです。
この体験公園は「エキスポランド」跡地に開園したそうです。農業が体験できる
とあって、様々なコーナーが人気あったようです。
閉園というのは非常に残念に思います。エキスポランドが閉園してしまってから
どのようになるのかと気になっていましたが、家族でも楽しめる場が出来て
喜んでいる人も多かったのではないでしょうか。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
国際ジャーナル

月刊国際ジャーナルの取材で 東電の会長と社長、報酬7200万円だった!

海江田万里経済産業相がテレビ番組で、東京電力の勝俣恒久会長と清水正孝社長の役
員報酬に関して、

50%カットしたとしても、3600万円程度も残ると話しました。

そして、もっと努力をして欲しいとし、全額返上に至った経緯を明かしました。



そうなると、従来の報酬は約7200万円。

7200万円にもならない家を購入し、それでも一生懸命ローンを返済している多くの国
民にとって、

信じられない報酬額です。



原発に依存しているのは、電力会社の社員かもしれませんね。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
現代画報社

報道ニッポンの取材 じん帯損傷

お笑いコンビ「ライセンス」の藤原一裕さんが、バラエティー番組の収録中に
左膝のじん帯を損傷したのだそうです。全治6か月だということです。
オリジナルのスポーツゲーム中にジャンプして着地した際に、左膝を打ったと
いうことです。
お笑い芸人さんといえば、ゲームなどでも派手な動きをすることで面白く
見えることがあるのですが、一歩間違えると大怪我につながってしまうことが
ありますね。くれぐれも体を大切にしていただきたいと思います。
最近、体調を崩す芸人さんの話題も報道されています。
体調管理、十分にご注意ください・・・という気持ちです。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

月刊誌現代画報から 話題の16日Xデーに離婚届出さない!沢尻エリカ

沢尻エリカさん、高城剛さんと離婚できるといわれていた、

16日の解禁日には離婚届を提出しないことがわかりました。

高城さんは、沢尻さんが本当にことを話していないと、離婚

に難色を示していますね。



沢尻さんは本当の理由を話したのでしょうか?

そして、話していないとすれば、高城さんはいったいどのような

行動をとるのでしょうか・・・



テレビで記者の方が、Xデーというのはマスコミが勝手につけた

名前で、16日に離婚するとは沢尻さんはいっていない、と話して

いました。

どちらにしても、ワイドショーが喜びそうなネタですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報
報道ニッポン

報道通信社の報道ニッポン 震災を語り継ぐ重要性

復興とは何か・・・国際ジャーナルの2011年5月号の巻頭特集で、

「経験から探る真の在り方」ということを記事にしていました。

今回の東日本大震災は、未曾有の災害といわれています。



しかし、先祖の言い伝えをきちんと守り、津波に飲み込まれず

助かった地域もある。

先祖は同じ苦しみ、悲しみを伝え、そして未来に生きる人たちを

守りたかったのでしょう。



東日本大震災では、震災だけでなく、原発による被害が拡大しています。

この東日本大震災の出来事を、いつの時代まで語り継げるのか、

それもまた大きな課題ではないでしょうか・・・




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

ザヒューマンにて 本来であれば、楽しい時間を・・・

先日から焼肉チェーン店での集団食中毒事件が、テレビや新聞でも報道されて
います。亡くなった人が出たというのは非常に悲しい出来事だと思っています。
そして新聞記事には、死亡した富山県内の40代女性と70代女性から検出された
菌のDNA型が、死亡した男の子2人の型と一致したということが、分かったと
載っていました。
さらに捜査本部は、ユッケ用生肉を納入していた食肉卸会社の社長から任意で事情
聴取したそうです。
なぜ、今回のようなことが起きたのでしょうか。これをきっかけに他の店にも影響
が出てくる可能性もあると私は思っています。
本来であれば、家族や仲間などと焼肉屋で楽しい時間を過ごすはずだと思うのですが。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社の国際ジャーナルとは 国際ジャーナル 2011年5月号時事コラム

国際ジャーナル、2011年5月号の時事コラムに、「錯綜する情報、困惑す
る人々──

・ チェーンメールに潜んだ危険性とは」というものがありました。



・ 東日本大震災の時、ニュースなどでも騒がれている内容のチェーンメー
ルが我が家の

・ 住人にも、何通も届いていました。

・ 受け取った時は大騒ぎをしていましたが、「そんなことはないから、
チェーンメールを

・ 他の人に送るのは辞めなさい」、と話しているところに、そのチェーン
メールを送った

・ 主から新しくメールが届いた。



先ほどの内容は、うそだそうですとね・・・


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

国際通信社の国際ジャーナルとは 震災時の帰宅は通常時の7倍

東日本大震災時の帰宅について、関東の通勤者2万8000人余りを対象に、

アンケートがおこなわれた結果ですが、電車通勤者の方々の通常の通勤時間の

平均は、約70分であるのに対して、震災発生時の平均が8時間30分である

ことがわかりました。



なんと、7倍以上の時間をかけて、自宅い帰宅していたことになります。

では、なぜそこまで時間をかけて帰ったのでしょうか?

その理由には、「帰ることができる距離であった」という答えが、

もっとも多かったそうですが、その反対に、電車で1時間半以上かけて通勤する

半数以上の方は、駅や会社などに6時間以上滞在していたようです。




ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
報道ニッポン

ザ・ヒューマン 経営者 肩たたきのプレゼント

みなさんは、母の日に感謝の気持ちを込めたプレゼントなどをされたのでしょうか。
新聞に載っていた記事なのですが、母親や大切な人に感謝の気持ちを伝えられる
「肩たたき」を呼びかけるイベントが、大阪市北区で開かれたのだそうです。
参加した家族連れや友人同士がお互いの肩をこぶしでたたくというふれあいを
楽しんだということです。
日ごろ、育児や仕事などで頑張っているお母さんに肩たたきのプレゼントというのは、
お母さんにとっても何よりのプレゼントではないでしょうか。
子供に肩を少しでもたたいてもらうことで、日ごろの疲れが吹っ飛んでしまうかも
しれませんね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

東京国際ジャーナル コンシェルジュ

新聞に載っていた記事なのですが、JR大阪駅北の「ノースゲートビルディング」を
含んだ駅の全面リニューアルオープンを前に、JR西日本は4月28日に、JR大阪駅
の案内係を務める「コンシェルジュ」を報道関係者に公開しました。
コンシェルジュはJR大阪駅連絡橋口の改札口に2人配置されるそうです。
そして、今注目を集めている多機能情報端末「iPad」を使って利用客への道案内
などにあたるそうです。
コンシェルジュの存在があるだけで、困ったときなどありがたいのではないでしょうか。
JR大阪駅は、詳しい人には詳しいかもしれませんが、やはり「道に迷ってしまう」
「どこに向かって歩いていけばいいのかわからない」と思う人も多いと思います。
安心して利用できる駅になってほしいですね。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
国際ジャーナル

国際通信社より 新茶初取引

静岡県といえば「お茶」というイメージが強いかもしれません。
その静岡県に新茶シーズンの本格的な到来を告げる「新茶初取引」が
4月25日に静岡茶市場であったそうです。
市場によると、今年は低温や少雨のために、お茶の育成に遅れが見られる
ということです。
それでも、静岡のお茶というのは人気が高いのではないでしょうか。
そして毎年新茶を味わうという人も多いのではないでしょうか。
今年の新茶初取引では、取引開始前に参加者全員が東日本大震災の犠牲者へ
黙とうをささげて、会場には義援金を募る募金箱が設置されたそうです。
日本全国、あちらこちらで被災地の復興に協力しようという人が多いです。
一歩ずつの前進が復興につながりますね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報

国際ジャーナルとは 昨年、電源喪失事故おこす!福島第一原発2号機

昨年6月に東京電力福島第一原子力発電所2号機が、電源が喪失事故をおこしていま
した。



東京電力の清水正孝社長の話では、作業員が電源装置に誤って触れ、所内電源の供給
が停止

したことで起きた事故だと。



原子炉は自動停止しましたが、外部電源への切り替えに失敗、そのため冷却水が送れ
なくなり、

結果、水位が2メートル低下。

すぐに非常用ディーゼル発電機が起動され、そして作業員が冷却装置を手動操作しま
した。



水位が回復するまで、約30分・・・



燃料が露出する水位までは3メートルほどの余裕がありましたが、あと40センチも
低下して

いたら、緊急炉心冷却装置が作動するという間一髪の状況だったそうです。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル・報道ニッポン キム・ヨナ怪我隠し出場

エキシビションの直前、キム・ヨナ選手のマネージメントを務めるオールザッツス
ポーツが、

キム・ヨナ選手の足首の怪我について明かしました。



これについて、オールザッツスポーツの代表でキム選手の母親であるパク氏は、

「言い訳になるのを恐れて知らせなかった」と言ってます。

今の時点で言うこと自体が、もう、十分いい訳ではないでしょうか・・・



しかし、世界フィギュア見ていましたが、あれだけ失敗の多かったキム・ヨナ選手の
加点がどうしても

信じれらません。

そう思っている人、多いのではないでしょうか・・・


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
現代画報

国際ジャーナル・報道ニッポン 栃木のクレーン事故、過去に物損事故6件

栃木県鹿沼市のクレーン車による小学生6人が死亡した事故、逮捕された運転手柴田
将人容疑者は、

2003年8月~2010年7月までの間、宇都宮市や鹿沼市などで車を運転中に電柱やガード
レール、

民家の塀に衝突する物損事故を6件起こしていたことがわかりました。

それ以外に、2008年4月、鹿沼市で登校途中の小学生をはねて、重傷を負わせる事故
を起こしています。



一番悪いのは病気を隠していた本人ですが、これだけ事故をおこしていながらも、な
にも対応をとって

いなかった警察にも疑問を感じます。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

ザ・ヒューマン チベット新首相と中国の対応

チベット亡命政府の新首相に、アメリカハーバード大上級研究員のロブサン・サ
ンガイ氏が当選した模様です。今後のチベットはどのように進んでいく のか気
になるところです。チベット人を政治・宗教両面で率いてきたダライ・ラマ14
世の没後を見据えて、チベットにおける変革期のかじ取りを担う ことになるの
かもしれません。これに対して、中国の反応はどのようなものでしょうか。今後
のチベットと中国の状況については注目していく必要があ りそうです。





国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社

ザ・ヒューマン 富澤たけしさんがお父さんに

お笑いコンビのサンドウィッチマンの富澤たけしさんに第1子となる男の子が
誕生したことが4月28日にわかったのだそうです。生まれたのは4月27日。
都内の病院で2820グラムで誕生し、母子ともに健康だということです。
「出産」に関する記事が、以前に雑誌「現代画報」にも載っていましたが、
無事に赤ちゃんが生まれてくるのは本当に喜ばしいことだと思います。
サンドウィッチマンといえば、東日本大震災のことで様々な活動をされていると
以前の新聞記事に載っていました。
実際に地震にも遭ったとテレビで報道されていたように記憶していました。
まだまだ被災地は大変な状況であるのは間違いありません。
多くの人で協力しあうことが大切ですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社

報道通信社 小杉さんがお父さんに

人気お笑いコンビのブラックマヨネーズ。テレビで大活躍しているコンビだと
思います。ブラックマヨネーズの小杉さんが以前に結婚された話題が報道され
ていたと思うのですが、4月25日の早朝に男の子が生まれたそうです。
奥様は大阪市内で出産したそうで、母子ともに健康だということです。
国際通信社から発行されている雑誌にも「出産」に関する記事が載っていました。
ひとつの命が誕生するのは本当に素晴らしいことだと思います。
今後、小杉さんの奥様は「お母さん」としてたくましい女性になるのでは
ないでしょうか。すくすくと元気に育ってくれたらいいですね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社
国際通信社
フリーエリア
プロフィール

manabu7

Author:manabu7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。