スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|TABLE FOR TWOの活動について

現代画報7月号に取り上げられていたのを見てから、TABLE FOR TWO(テーブル・フォー・トゥー)の活動に興味を持っています。
TABLE FOR TWOとは、飢餓に苦しむ発展途上国の人々の問題と、過食等による生活習慣病に悩む先進国の人々の問題を、同時に解決していこうという活動です。
いくつかの企業ではこのTABLE FOR TWOの活動として、社員食堂で特定のヘルシーメニューを選んで食べると、代金のうちの20円が寄付ができるという取り組みをしているとのことです。
ヘルシーメニューを食べることで、体の健康に良いのはもちろん、20円分の自分のお昼代が社会に役立っていると感じることができて、心の健康にも良い取り組みだと思います。
このTABLE FOR TWOの活動は、企業に属していない個人でも参加することができます。
参加方法は簡単で、自分の食事をヘルシーなメニューにして、その分を寄付すれば良いのです。
もしくは、インターネットやコンビニでTABLE FOR TWOに認定された商品を購入すれば、代金の一部が寄付されるとのことです。
自分の健康にも、社会の役にも立つ活動なので是非私も取り組んでみたいと思っています。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

国際ジャーナル|夏休みは高松に

学校が夏休みに入り、街で子供の姿を見かけることが多くなりました。
連休を取って、家族で旅行に出かける方も多いことと思います。
私も今夏休みにどこへ行こうか考えているところなのですが、一つの候補として高松があります。
なぜ高松かというと、報道通信社報道ニッポン7月号に、新旧の名所が集まるコンパクトな港町として紹介されていて、興味を持ったからです。
高松には以前学生の頃行ったことがあるのですが、その時は讃岐うどんのことしか頭になく、港の方には行きませんでした。
私が行った頃にはありませんでしたが、北浜alleyという昔の港の雰囲気を残したトレンドスポットもできたようです。
カフェやレストランをはじめ、ギャラリーなどもあり、週末はイベントも行われて若者が集まっているとのこと。
今度行った時は訪れてみたいです。
高松といえば、その魅力の一つは人だと思います。
とにかくどこへ行っても親切な人が多かったのをよく覚えています。
道で地図を広げてきょろきょろしていたら、車が横に止まって「どこ行くん?」とおじさんに声をかけられたのにはびっくりしましたが、親切に道を教えてもらって、とても助かりました。
全体的にのんびりした感じで、温かい人が多かったのが印象的でした。
この夏休みで、行けたら是非高松に行きたいと思っています。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|選挙活動始動

いよいよ、「選挙活動始動」でしょうか。

先日、それぞれ国会議員が「地方に帰り、選挙活動準備を始める」
という情報がテレビニュースや情報番組で流れていました。

ある女性国会議員は、たくさんの荷物を議員宿舎から持って出ていました。
「そうだ。だるまを用意しなくちゃ」との話をしていました。
「だるまを用意するんですか」と記者の問いに対して「当たり前でしょう。
大きな大きなだるまを用意しておくんですよ。必ず、目をいれます」と
勝つ気満々でした。

実は、その女性国会議員の地元は「民主党」強いらしいんです。
どこの地域のことを言っているのかはわかりませんが・・・。
でも、「私は身を削ってでも頑張って頑張って国民の皆様に理解をしてもらう
つもりです」とここでもやる気満々でした。

そうです。この女性国会議員は「自民党」さんなんです。
麻生総理大臣も「反省の言葉」を何度か述べていたようですね。
すると、どなたか知りませんが「反省は今日まで。ここから、勝つ気で出発しよう」と
いうような事を言っていたそうです。

私は、今のところ「自民党」でも「民主党」でもどこの党を支持しようという気持ちは
全くありません。
ただ、毎日テレビをつけていると自然と情報が流れてくるものですから「ほんまかいな~」
とつっこみながらテレビを見ています。

私の知人何人かと話をする機会があったので、「投票に行くかどうか」の話をしました。
「なんか、暑いから行くのがめんどくさい」という人もいれば「どこも信じられないから
行かない」という人もいました。「行ったところでどうなるわけでもないしなぁ」との声も。
ま、たくさんの知人がいたわけではないので少人数意見ではあるんですが、みんな前向きではなく
後ろ向きな様子でした。

それぞれ、候補者がどのような活動をされるのでしょうか。
どのような事を「公約」にするのでしょうか。
それは、ちょっと聞いてみたい気もします。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|私立名門小学校の教師とその妻、盗撮癖で逮捕

横浜市内の女子トイレで盗撮を繰り返していたとして、神奈川県警保土ヶ谷署に私立名門小学校の教師(44)とその妻(42)が今年6月、県迷惑行為防止条例違反の現行犯で逮捕されていました。二人の犯行は、夫が盗撮に使用する器具を作り、妻が女子トイレなどに入って撮影するといった手口だったそうで、夫妻が話すには5年くらい前から数え切れないほど盗撮を繰り返していたと言います。二人が盗撮に至った理由は販売などのお金の目的ではなく、「自分たちで楽しむためにやった」という供述通り、どうやら個人的な趣味だったようです。夫妻の自宅マンションから家宅捜査で押収されたのは、何と約300本ものいろいろな内容と種類の盗撮ビデオテームだったそうですよ。夫婦で盗撮趣味として、これだけの盗撮テープを集めるのはおかしいと踏んだ警察の方は、販売目的でDVDにコピーした形跡がないか自宅マンションから押収されたパソコンなどで、調べたようですが、コピーした形跡はなく、販売目的だった可能性は低いようです。何が夫妻を盗撮に駆り立てたのかは謎ですが、もしかしたら中毒のようになってしまっていたのかもしれませんね。現代人の心の闇は深い、そんな気がします。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|博多祇園山笠

いよいよ追い山ですねぇε=ε=┏( ・_・)┛


15日、朝の4時だったか5時に博多の櫛田神社を出発し、街中をふんどし姿の男衆がでっかいお神輿かついで走りタイムを競います(^w^)


会社員も山笠参加者は休んでOKというんだからビックリですよね(・_・;)


県外の方も山をかつぎたくて、権利を買ったりするんですよo(^-^)o


7月1日から15日は、博多の街は賑わいます(*^o^*)


1度、母と水をかける何とか山に行って、山を追いかけたことがあります(^w^)


もう、10年以上前になりますかねぇε=ε=┏( ・_・)┛


福岡は、5月はどんたく、7月は山笠と暑い盛りのお祭りが本当に賑わうし、血が騒ぐのでしょう(^w^)


熊本もお盆に火の国祭りがありますが、ものすこい熱気だと…楽しいよと聞きます(*^o^*)


私の中では、九州自体がお祭り好きの焼酎好きってイメージなんですがf^_^;


追い山まで、あと数時間ε=ε=┏( ・_・)┛


臨時の地下鉄やバスが準備してるころでしょうか?o(^-^)o


山笠用の切符も販売されたり、一大イベントだったような気がします(*^o^*)


山笠が終わると大濠公園の花火大会が8月1日にあって、私の中で夏が終わるんですf^_^;


入院中も椅子を準備してもらって特等席で皆で花火を見たものです(^w^)


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

元NFLスター死亡

アメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)でスター選手として活躍した、元NFLタイタンズのスティーブ・マクネアさん(36)が自宅のコンドミニアムで頭部を撃たれて射殺された。8日、マクネアさんの射殺事件について、ナッシュビル警察は事件背景を明らかにした。マクネアさんを射殺したのは、なんとマクネアさんの交際相手、サヘル・カゼミ容疑者だったのである。警察によれば、カゼミ容疑者は4日未明、自宅コンドミニアムのソファーでうとうとしていたマクネアさんの頭を撃ち、ついで頭部と胴体に向けて3発発砲したそうだ。マクネアさんを射殺したあと、カゼミ容疑者もマクネアさんの隣に座り、自ら頭部に発砲し、自殺を図った。悲惨な事件が起こった原因は、三角関係のもつれ。もともとカゼミ容疑者がナッシュビルでウェイトレスをしていたときにマクネアさんに出会い、カゼミさんには車をプレゼントしたり旅行に連れて行っていたりしていたようだが、事件の起こった数日前に、カゼミ容疑者がマクネアさんの自宅から女性が出てくるのを目撃し、尾行したようだ。マクネアさんには妻もいるが、まだ離婚はしておらず、カゼミさんは自分が次の妻になると信じていたようだ。マクネアさんの追悼式は、9日にナッシュビルのLPフィールドにて行われる予定である。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

moto

アメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)でスター選手として活躍した、元NFLタイタンズのスティーブ・マクネアさん(36)が自宅のコンドミニアムで頭部を撃たれて射殺された。8日、マクネアさんの射殺事件について、ナッシュビル警察は事件背景を明らかにした。マクネアさんを射殺したのは、なんとマクネアさんの交際相手、サヘル・カゼミ容疑者だったのである。警察によれば、カゼミ容疑者は4日未明、自宅コンドミニアムのソファーでうとうとしていたマクネアさんの頭を撃ち、ついで頭部と胴体に向けて3発発砲したそうだ。マクネアさんを射殺したあと、カゼミ容疑者もマクネアさんの隣に座り、自ら頭部に発砲し、自殺を図った。悲惨な事件が起こった原因は、三角関係のもつれ。もともとカゼミ容疑者がナッシュビルでウェイトレスをしていたときにマクネアさんに出会い、カゼミさんには車をプレゼントしたり旅行に連れて行っていたりしていたようだが、事件の起こった数日前に、カゼミ容疑者がマクネアさんの自宅から女性が出てくるのを目撃し、尾行したようだ。マクネアさんには妻もいるが、まだ離婚はしておらず、カゼミさんは自分が次の妻になると信じていたようだ。マクネアさんの追悼式は、9日にナッシュビルのLPフィールドにて行われる予定である。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

働く意欲 | 国際通信社

今年に入ってから県の障害者自立支援推進事業以外の仕事も在宅で始めたo(^-^)o


テープ起こしに関しては、5月から6月は仕事がないのが恒例のようで、各社月に1本依頼があるかどうかといったところです(-o-;)

忙しい時は、ホント吠えたくなるくらい仕事がきて、外に出る暇がないくらいです(≧ヘ≦)


名刺の入力を5月から始めたんですが、これは月に1本あるかどうかといったところかなぁf^_^;


時期で忙しい時もあるのかもしれないけど、今のところは月に1本o(^-^)o


在宅での仕事の良いところは、家族ですら遊んでると思うくらい時間に縛られないことですかねo(`▽´)o

逆に、自己管理がしっかりできないと成り立たない仕事だとも言えます(*^o^*)


基本的にインターネットでの就職活動になるので、お金を巻き上げられたり、タダ働きさせられたりといった被害が出ているのも事実なので、なかなか難しいところです(≧ヘ≦)


生まれつき障害がある若い子に、どんどん仕事して社会勉強してみたら…と勧めますが、今まで周りが過保護にしてたんだろうなぁと思うくらい、働くことに対して消極的です。


私みたいに、中途障害者は健康な時期があっただけに障害を受け入れることに時間がかかりますが、受け入れてしまえば働く意欲はあるんじゃないかと思いますf^_^;


国際通信社
国際ジャーナル
報道ニッポン
報道通信社
現代画報
フリーエリア
プロフィール

manabu7

Author:manabu7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。